驚異の的中率を誇る恋愛占いサイト

手相占いでは右手と左手のどちらを鑑定するのか?

c1a8bdd1096609933f7c6ceb248b1e89昔は男性は右手、女性は左で鑑定を行うのが基本でした。しかし現在の手相占いはこの基本的概念で行う占い師は少なくなってきたようです。欧米の手相占い師は性差別主義であるという理由から避ける傾向が強くなっているとのことです。

現在の手相占いは両手で鑑定するのが一般的であります。基本的にはアクティブハンドかパッシブハンドに別けて行うようです。占う対象のどちらその手がそれに当るのか決める必要があるようです。まずは日常会話から始まり対象の利き手を探ることから始まるということになります。

その区別はアクティブハンドが利き手であり、パッシブハンドが利き手でない手という解釈で構いません。日常生活で多く使う手を利き手ということになるでしょう。そしてそのそれぞれの手で鑑定を行いその意味もあるようです。

アクティブハンドでは普段の生活、感情や健康状態という外面的な部分。。パッシブハンドでは本能的欲望、願望気質といった隠れた部分を鑑定できるようです。

守護霊と交信する

feature01item09霊媒師は、いろいろな霊と交信することがその役目ですが、中には守護霊と交信することができる霊媒師もいます。この「守護霊」というのは、ひとりひとりの人生におけるいろいろな場面で手助けをしてくれる霊のことです。ただ、それ以外にも私たちに苦境とも思われる試練を与え、私たちを鍛錬する役割もこの守護霊が担っているということですから、そう考えると、私たちの運命のほとんどすべてをこの守護霊が握っていると言っても過言ではないような気がします。
 さて、先にも触れたとおり、一般的にこの守護霊をはじめとする「霊」と交信するのは「霊媒師」と呼ばれる人々ですが、中には「占い師」がある人の守護霊と交信して、その人を占う材料にするというケースもあるようです。
 守護霊は、私たちの運命を握る重要な霊ですから、その守護霊と交信できることで、これから先におこるできごとを予見するという考え方は、確かに「占い」には通じる部分があります。そうした守護霊をはじめとする霊界の者たちが、現世に生きる私たち人間に何らかのメッセージを伝えるための重要な橋渡しの役割を担うのが霊媒師であり占い師であることになります。
 ただ、占い師とは言っても、すべての占い師がこのような高い霊力を備えているというわけでは決してありません。生まれながらにして霊媒体質だった、あるいはものごころついたころから霊媒体質だったなど、いろいろなケースがあるようですが、いずれにしても、その後の厳しい修行や鍛錬を乗り越えて、立派な占い師となる人が多いです。
 重ねて言いますが、霊界との交信など初めからまったく考えていない占い師も当然存在しますし、そうした人々を否定する意図はないことを付け加えます。霊界との交信をしないからと言って、その占い師の格が下がるということは一切ありませんので、その部分だけは誤解ないようお願いします。

四柱推命の歴史

5四柱推命は、数ある占いの中でも、かなり古いルーツを持っており、その根拠も有名な思想や哲学に基づいていますから、信頼性がおけるものです。

四柱推命が生まれたのは、今をさかのぼり約1000年以上前の、中国とされています。

それだけ古くから現在まで受け継がれてきた占いなら、よほど的中率が高く信頼のおける占いなのだということがうかがえますね。

難解な占いではありますが、四柱推命で占いを行うために必要なのは、生年月日と出生時刻という、極めてシンプルな要素だけとなります。

生年月日に加えて、生まれた時刻も合わせると、人の運命というの星座占いや誕生日占いと比較すると、比較にならないほど細分化されてきますので、それだけ的中率が高いのでしょう。

四柱推命においては、自分と同じ運命を持っている人は50万人に1人しかいない、といわれているほどです。

ちなみに、四柱推命という名のルーツですが、「四柱」とは、先ほど述べた占いに必要な情報、「年」「月」「日」「時刻」の4つを表しており、それらを用いて運命を占う、という意味になっています。

四柱推命は、有名な五行思想にも基づいています。陰陽思想については少しだけなら知っている人も多いと思いますが、この世の一切のものは陰陽に分けられ、さらに「火・水・木・土・金」という5つの要素から成る「五行」のいずれかにあてはめられるというものです。

陰陽や五行は、お互いに影響を及ぼしあっていて、対象によって増幅されたり、打ち消しあったりする作用があります。

人気の占いサイトはこちら

Copyright(c) 2014 驚異の的中率を誇る恋愛占いサイト All Rights Reserved.